乳首の周りの毛を何とかしたい

shutterstock_144718273産毛は全身に隈なく生えていると思っても良いと言えるものです。
特に思春期を迎えるころには若干濃いめに感じたりして、女性の場合はバストなどの産毛も気になるようになります。

健康診断の時などには友人の産毛の生え具合も気になったりして、思わず周囲に見られないように隠してしまいたくなる事もあるのではないでしょうか。

■バストの産毛が気になった学生時代

どうしても学生時代は健康診断を定期的に行うもので、その時にワキのムダ毛は処理していたとしてもバストの産毛までは手が回らない、気が回らないと言う事も多くあります。
しかし健康診断と言うのはブラジャーも外す事がありますから、その時には乳首の周りの産毛も見えてしまう事になります。

健康診断をする先生に見られるのは良くても、友人には絶対見られたくない年頃でもあるので、危機感を感じていたと言う女性も多いのではないでしょうか。

■乳首の周りの毛は抜くと痛い

女性も乳首の周りには産毛が生えます。
学生の頃ならまだ脱毛をしようと言う感覚ではなくて、毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ると言う感覚の方が強いのではないでしょうか。

しかし、乳首の周りの産毛と言うのは毛抜きで抜くととても痛みが強く出る部位です。
ピンセットで抜いたとしても相当な痛みを感じるはずです。
それでも乳首周りの産毛を当時は抜いていたと言う女性も多いもので、それがあるから社会人になって脱毛しようと決意したと言う方も少なくありません。

■健康診断に間に合わせるために指で抜いた記憶がある方も多い

健康診断の時になんとしても乳首の周りの毛を処理したくてトイレで無理やり引き抜いた記憶があると言う方も少なくはありません。
もう間に合わないかもしれないと半分諦めかけた頃に全てのムダ毛を抜く事が出来たりして、ひやひやした思いでがある方も多いはずです。

社会人になってからは笑い話になるのかもしれませんが、当時はとにかく必死で、トイレで抜いていた方は社会人になると同時に脱毛をスタートさせる事が多いと言われています。

■乳首の周りの産毛もしっかりと脱毛

乳首の周りの産毛のようなムダ毛は脱毛する時には医療レーザー脱毛がおすすめです。
脱毛サロンの光脱毛では思うような効果を感じにくい事が多いので、医療レーザー脱毛の中でもダイオードレーザーによる施術を選択する事がおすすめです。

ダイオードレーザーによる施術なら産毛にも効果があるので、安心して脱毛出来ます。

敏感肌 ファンデーション ランキングで小じわや肌のくすみを改善商品を探してみませんか?